サーフィンと浮世絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日自分がクリリンになってる夢を見た

野田知佑の「新・放浪記」を読んでいる。
なるほど、確かにこれはTakaの言うように影響力の強い本だ。
これは野田知佑が若い頃
早稲田大学を出たものの自分が何がしたいのかわからず、とりあえず外国を放浪していたときのことについてが書いてある。
確かにああいう人が自分の歳ぐらいの頃にどんなことを思っていたのかは気にはなる。
まだ読み途中だが
ときどきずしん、とくる
心に響くことばがある。

ストックホルム近郊の中年夫婦の言葉。

「将来、何になるつもりか」
夫人がぼくに軽い調子で聞いたとき、その男は厳しい口調でこういったものだ。
「人間将来何になるか誰にも判らんよ。俺だって六回も職業をかえた。二十代の時、今の俺を想像できなかった。まあ、いろいろやってみるんだね」

別の時、拾った車を降りて有難う、というとハンドルを握っていた頭の禿げた男はいった。
「俺も若い時に世界を放浪したよ。そうやってもがいているうちに自分にぴったりの穴の中に落ちつくものだ。グッドラック」

そこにはとても現実感があり、本当に心からそう思っている
流されない言葉だと感じた。

そこで僕は安心できた。少し焦らなくなった。
何せ
「外国で暮らしてみたって、自分は少しも変わっていないじゃないか」
と思っていたら、野田知佑も同じことを思っていたんだもん。

これからも「自分の将来はまだわからない」
と胸を張ってもがいていこうと思います。
ケイソツに決めつけてしまうよりも
なるほど、よっぽど真面目に生きているという感じがするぜ

スポンサーサイト

最近言われて傷ついた一言「マスクしてたほうがイイね」

やっぱりかわいいなぁ、加藤あいは…
加藤あい

映画とか観ててもかわいいなーとか思ってぽけーしてるうちに
話進んじゃうからね
え 何?いまなんて?
って絶対なるから
ドラマなんてもっとたち悪いよね
なんか全然現実味がないんですがそのかわいさ
って

だからねぇ
つい
歯抜いてきちゃいました
もう、えいやってね
別に単なる親知らずだけど
ごめん、なんとなく加藤あいのせいにしてみたかった

いやーもうばっちし今痛いです
慌てて痛み止めとか飲んでみたけど遅かったです
痛くなってから飲んでも効いてくるのに時間かかるじゃん
即効性って重要だよっていうかホントに効くのかよロキソニン
人間痛さしか頭になくなると支離滅裂になる
という仮説を今ぼくが身をもって実証しようとしているところです
どうか見守ってあげてください

それで抜いた歯を一応もらってきて
さっきまじまじとそれを眺めているとなぜか突然ある一つの欲望がふつふつとわいてきました

…うわ なんかこの歯を粉々にしてみたい

なんかそういう思いを突然抱いた自分にぞっとしたんですが
次の瞬間にはどこからかトンカチを引っ張り出してきている自分に出会っておりまして
またまじまじと自分の歯を見ていました
それは数時間前まではしっかりとぼくの歯茎にうまっていた一つの歯
いくら親知らずで不要な歯といえど
今の今までまぎれもなく自分の体の一部であったんですよね
それを今度は粉々にしようとしている自分て一体
そう思うと今度はすごく気持ち悪くなってきました
忙しいな、人間て。
アホな思いつきとふと我に返る落ち着いた感情を交錯させながら生きていく。
とにかくいざ臨もうとすると
なんかトンカチで自分の歯茎をぶっ叩こうとしてるイメージと重なって
もうなんか
「うわあ」
って一人でびくついちゃいました

で、やめました。
なんのこっちゃ、て話ですけどね
一人で思い立って何勝手に急遽中断してるんだ、て感じですけど
その後ですねー驚くべきことに
いざ歯は残しておこうと思ったら今度は
あれ、でもなんかもったいなくない?
という気がしてきました
忙しいな、人間て。
次から次へと感情を変化させながら毎日を過ごしていく。
でも抜いた歯を見たときってなんかもったいない感じしません?
この歯、カルシウムたっぷりじゃん!って。
今まで地道に摂取してきたカルシウムがこう一気にどばっと抜けるとなるとね
ちょ、ちょっとそれ待てよ!ってなりますよね
なるんです。
だからどうするっていう妙案も思いつきません
粉々にして飲むのもなんだかなーですし
第一それで体内リサイクルされんのかってところですし
うーんどうしよう
そこで自分の気持ちを整理させるためにこう思い込むことにしました

そうだ、この歯は排泄物なんだ、と。
親知らずはうんこと一緒なんだ、と。

うんこもいくらか栄養含んでいますけど
さすがにそれ自分自身に再利用はできませんからね
それと一緒で親知らずもリサイクル不可なんだ
そういうことだったんですね
いやーこれでスッキリしました


あの…なんかすいません
冒頭「加藤あいはかわいい」という話題で始まり
爽やかに話が展開するかと思いきや
なぜか「親知らずはうんこと一緒」というかなり気持ち悪い結論に達してしまいました
やはりダメですね、ちゃんと話の枠組みを作ってから取り掛からないと。
しかもカテゴリーは「加藤あい」

その昔アナログPCなるものがあったとさ

やはり大学が始まると何かと忙しい
なんか今とかも帰ってきてご飯食べたらもうこんなだし
今日も朝から行ってんのにさ。

しかし通勤ラッシュというものはやはり恐ろしいものですね
もうキチガイですね
皆さん100%自分のことしか頭にないですから
ホームにきちんと整列するのも
いかに自分がスムーズに電車に乗ってあわよくば席をとるかの目論見あってのことですからね
駅のホームの階段を駆け上がるシーンとか
なかなかの迫力があると思います
階下横で聴いていると雪崩のような音がしますもん
電車内でもいろいろと考えることはあります
ほら 自分の立ち位置とか
最初に後々座れそうかそうでないか見極めた後どこに立つか決めたりしません?
座席にショップ店員ぽいのがいたらこいつは町田で降りるなと思って
その前に立ってみたり
桜美林の制服みつけたらあぁ淵野辺かとか
それでめぼしいやつがいなかったら
しょうがない ドア脇を陣取るの
ほら あそこなら手すりにちょっとよっかかれるから

実は当初ビビッてたんですよ
通勤ラッシュを
果たしておれは無事大学に通うことができるのか?と
なんせ羊の国にいましたからね
そんなものはもう都市伝説レベルなんです
その他異国の人々にとっては電車に乗客を車掌が無理やり押し込むという事実が信じがたいわけです
あの新宿の山手線のラッシュ時の映像とか
けっこうTVの特集とかで出回ってるっぽいし
よく聞かれました
あれってホントなの?ていうかやらせでしょ?
みたく

しかしですねぇ
さすが伊達に今まで電車通学してきたわけじゃなかった
もうね 染みついているの 自分の体に
駅の階段はもう一段トバシでしか上れない
なんか 速ぇ
おれ、通路歩くの速ぇ!みたいな。
自分で自分に驚いちゃいました
チャリもなかなかに衰えてはいなかった
かつてのライバルはそこにはいなかったけど
最初の3ペダルでほぼトップスピードに持っていけてる
そんなわけで無事朝一でも通えてます
もういいだろ



えー話は全然かわりますが
ぼくは寝つきがかなり悪いです
なぜかって布団に入ってから本格的に眠りにつくまで
実にいろいろなことを考える癖がありまして
真面目なことからくっだらねぇことまで
だいたい1時間くらいは考えてます
しかもね
そのときが一番頭が冴える気がするんです
おぉ、このアイデアはかなりイケてるんじゃないかというのが
しょっちゅう浮かんでくるのですが
たいていそういうことって朝起きた時覚えてないです
ミスチルの歌詞にも
「ウトウトしかけた瞬間にメロディーが降ってきて
なのに覚えてないんだ~」
てありましたね
まさに言いたいことはそれですね
たまにメロディーも降ってきた気もします
そういうときはあーやっぱりミュージシャンやりたかったなー
と思いふけったりもします

それであまりにもどかしいので
昔なんとかしようと試みたこともあったんですけどねー
メモをすばやくとろうと思ったんです
さっとスタンド点けて断片的でもいいから文字に表してみようと
いつの日か取ったそのメモが今机を整理していたら出てきました
もうものの見事に失敗してますね
僕が残した一枚のメモ
それはナスカの地上絵並みのミステリー
メモ:

ゴマだらけのバナナ  大杉蓮の正体
声帯模写でテレフォンショッキングを
石焼ニモ
カタカナのルとスの書き間違えが多い



誰か解いて このイっちゃってる暗号を。

今日久しぶりにトカゲがしっぽを切る瞬間を見た

しかしサクラがきれいですね
sakura1


桜金造も今はオレの時風だと思って
都知事選に立候補したに違いないですね
今年は春の突風も少ないようで
長い間サクラが見れそうでなによりです
それに免じて特別に近所の川沿いのサクラめをご覧に入れましょう
御覧なさいっさあっ
sakura2


決してサクラの名所ではないですが
そりゃあ京都清水寺とかには負けるでしょうが
ぼくはこの家の近所のサクラめが好きです
手入れも悪くてねぇ
花見で酔っ払った親父たちが
サクラ根元に酒こぼしたり野ションたれたりしてるもんでねぇ
さすがに野グソはないと思うんですがねぇ
それに加えて脇に流れているのは
あの汚川の代表格 浅川
いくら団地の下水をかつては垂れ流されていた浅川も
こうサクラに華を横でもたれちゃあねぇ
素朴さが滲みも出ていて憎めないってやつです

そして左手に見えますのは
八王子は長房の代名詞「団地」であります
数十年前までは二階建ての団地が軒を辺りに並べていたのですが
今見えているのは建て替わったものですね
こちら側はまだ長房らしさを残しているんですが
少し共立女子大の方へ行くともうすごいですね
再開発の嵐が
あっちの団地は今はもうほとんど取り壊されて
続々とマンションが生えてきています
ずわっと空き地が広がったかと思ったら
むくむくっとマンションがすぐに現れる
その繰り返し
そりゃあ住人にとっては間違いなくマンションのほうがいいに決まってますが
なんというかこう
時代の波を感じますね
はい ぼくも一応サーフ見習いですから

写真一枚でいろいろ語ることが出来ます
中央の遠くにずらずらと見える家々もねぇ
一昔前は林と畑が広がって家はぽつぽつだったのです
今も少し面影はあるにしても
しかしこういうような語り草になると
すぐ畑や野原を捨てて住宅を建てるのはいくない、いくない
昔は良かったのにねぇ
となりがちですが一概にそうともいえない現実がそこにもあり
虫がわいて大変だし
梅雨明けのこやしの臭さったらないし
少子化の進む町では新家族に引っ越してきてもらいたいし
第一友達んちも入ってるし
何事にも軽々しい論調は避けるべきですね

とにかくぼくはこの風景が好きです
小さいころはじゃばじゃば入って遊んだ小汚い浅川も
なんだかいつもぱっとしない八王子らしい空模様も
竹林をくぐった先の友達んちも
変わりゆく町並みも
そして野ションをかけられたサクラめも


だって地元だもん

今日桜吹雪にごおっと囲まれたときそう思いました


あの桜吹雪の妙な存在感も不思議
舞い上がった桜の一枚一枚になにかが取り巻いている
巻かれるとふと思わず立ち止まってしまう
なぜこいつらは僕を取り囲むのだろうと
きれいだという一言では済まされず
心をついてくる何かを探そうとせずにはいられない
昔の人があんなにもサクラに魅了され歌にしたのもわかるわ
いよっ小野小町っ

すげぇ、都知事選でボケてるヤツがいる

すげぇなあ、マツザカは…


ああいうのを見るといかに自分がちっぽけなことをいちいち気にしているのかがわかります。

実はちょっと悩みゴトを抱えておりまして
今夏の過ごし方について。
昨日大学のオリエンテーションに行ってハッとなったんですが
すっかり忘れていました、EVのことを。
EVというのはまぁ電気駆輪車を作る科目のことなんですがね
それを取るかどうか悩んでいるのです。
おもしろそうだし一昔前まで自動車関連に進もうと考えていた手前是非取りたいきらいがありまして
なんならつべこべ言わず取ってしまえばいーじゃないか
いうことなんですけどね
ナゼ悩むかっていうと
それで夏休みまるまる二ヶ月もっていかれるっていうんですよねー
ちょっとそれは…と躊躇していたわけです
ほら 夏には沖縄居住計画を推進しているのもあるわけだし
EV選ぶとそれなんかもう台無しじゃん
あと夏休みには生産工インターンシップもあるわけだし
やるとするとEVかそれかどっちかになるわけじゃん
あとね
EVだるいんだって、話によると。
企画から走行までまぁ四ヶ月はかかるしね
周りはもう見たこともない後輩だらけだし
普通は仲良し4人組でみんな頑張れって感じなところに
ちょっとオレも混ぜてねってわけのわからない羊の国からやってきた一個上の人が入って無理やり5人組とかになるかんじだと思うしね
ようはプカプカ浮きまくりてなわけです

だからチョット悩んでいたわけです
今夏
沖縄でサバイバルサーフィン三昧&インターンシップか
まだ顔も知らない後輩たちとギクシャク電気駆輪車作成するか

しかしマツザカを見てはっとして
自分の今夏の進路を決めました
EV申し込んでみようと思います

沖縄居住計画は仕方ない、来春あたりギリギリできるだろうということで
話によるとインターンシップよりはEVのほうが身になるっていうし
EVは今年しかできないし
顔も知らない後輩ともね
そういえば去年なんか顔も知らなかった人としか過ごしてないしね
なにくっだらねぇことでちまちま悩んでんだって感じだしょ
まったく情けない
EV第一回説明会すっぽかしちゃったけど
なんかそこでもうチーム編成決まっちゃったっぽいけど
まぁなんとかなるでしょ
悩んだ日数:一日
僕も決断が早くなったもんだ


しかしすげぇなあ、マツザカは…
プレーで僕の進路まで決めてしまいましたから

フグ低気圧

余談だが、今さら雪降っちゃってすいません八王子
余談だが、最近TOKYOウォーカーならぬHACHIOJIウォーカーなるものを出しちゃってすいません八王子
余談だが、トップは高尾のとろろそばうまい店特集でした
えぇ
今さら読みふけっています、司馬遼太郎
なかなかおもしろいです、燃えよ剣(上)
土方歳三、けっこう夜這ってます


さて、日本に帰ってきて思うのが
くっだらねぇTVがやたらと多いなってことですかね
みんなもぶっちゃけそろそろ思ってるでしょうー

て思うものけっこうあるでしょう
シラけそうなの無理やりもっていって見せられても
正直全然おもしろくないですから
リンカーンのつまらなさにはびっくりしましたからね
今日もね
はねるのとびらとか見たんですけど
ホントくだらないわね
でもあのほぼ100円ショップはなかなかおもしろいね
長澤まさみはやっぱりかわいいと思ったしね
あと最後の跳び箱飛ぶやつもなかなかおもしろかったね
頑張れって応援したくなるもんね
けっこうすごかったしね
まぁ
くだらねぇとか言っといてケッコー見てんじゃねぇか
って話です

そんななかでおもしろい番組といったらこれでしょう
春のセンバツ高校野球
あとクローズアップ現代
特にすごいのがクローズアップ現代ですね
あんな濃い取材毎回組んでるのに週五でやってますからね
しかも毎回違うテーマで
どうしてるんでしょうね
作品数とかもうすぐ3000本に届きそうな勢いですし
なによりあのアナウンサーのマバタキの回数がすごい
口が動けば目も動く、
と言ったのはまさにあのことでしょう

今日のテーマは「時の人、Barack Obama上院議員」
アメリカ合衆国で大統領候補の一人となりつつある黒人議員の急速な支持率上昇のナゾに迫るというもの
なかなかおもしろかったです
はっきし言って僕なんか彼の存在すら初めて知りましたからね
この番組のすげぇなーと思うところは
見ていてふーんでは終わらずにほぉーとまでなるところだと思います
ふーんとほぉーじゃ関心度の高さけっこう違うから。
それでそのObama議員の人気のヒミツは何かというとですね
イケメン
ケネディを彷彿とさせる強い意志
シンプルかつソウルフルな演説
飾らない黒人
既存政治へと対立する格好
そして若さとイケメン

けっきょくイケメンなんです
世間の鑑である奥様の心を動かすのはいつも若いイイ男
ヨン様が都知事選に出馬して御覧なさい
もう石原慎太郎真っ青の500万票いくんじゃないでしょうか
たまったもんじゃないですけどね
元気ハチュラチュゥ?とか言ってるヤツに都政なんか任したらもう首都移転だっての
お前ハイチュウのCMのほうが良かったんじゃねぇかって感じだし

でもまあObama議員は確かに何か他の議員にはない輝きを持ってて
あぁいうのオーラっていうのかな
こいつに任してもいいという感じの男でした
でも大統領選出馬にはまず同じ民主党のクリントン夫人を倒さなければいけないらしい
ヒラリー・クリントンも相当オーラ出してるからね
見るからに単なるマダムじゃないよ
芯の通る演説をするってタイム誌にも書いてあった
しかしこういうものを見ているとですね
自然になぜNHKはアメリカ民主党の一議員にこんなにてこ入れしているのかというのが気になってきます
他国の選挙についてだから何も関与はないといえばそれまでですが
どうなんでしょう
どうなんでしょう
大統領選までまだ一年半もあるのにこの関心の高まりようは
現在の政治への反発の表れでもあるという立派なコメントまでして
しかし世論というのもいい加減なもので
9.11後のブッシュ政権の対応に対する世論調査では
90%以上のアメリカ人が支持するといってたのに
今ではもう目も当てられない
さも当然のごとくおおかたイラク反戦運動なんかしちゃってますからね
世論はイラク攻撃断固反対!とかなっちゃって
皆揃いも揃って「オレは最初から反対してたゼ」
みたいなこと言っちゃってるしね
平然として皆お前悪いお前悪いと言い合っちゃっててまぁブッシュも大変なもんだ
パウエル前国務長官もイラク大量兵器所持情報は誤りだったと認めちゃってますからね
そのことについて世論はほとんどスルーみたいになっちゃってるけど
それ最重要事項なんじゃないのっていう
本当ならそれだけでアメリカへの戦争起こってもおかしくないことだと思うのですが
もうよくわからないですね
もうやめた
とにかく世論はテキトーなもんですね
世の中で一番無責任なものは世論だと思います


あと司馬遼太郎おもしろい
燃えよ剣(下) 買い取ります

やっと三日月ロックの良さがわかってきた

snowboard

スノボしてきました。
気がついたらサクラ咲いてます。
カレンダーみたらなんと4月です。
センバツも始まっています。
キタジマがいつのまにか金メダル獲って苦い顔しています。
ホントに日本の世の中とはめまぐるしいものですね。

まぁ
サクラが咲いても4月になってもセンバツが始まっても金メダル獲ってもらっても
いっこうに構わないんですけどね
どうぞ時よ進んでください
あの川の流れのように。



ということで特に理由もなく再開してみました。
休載とか言っておきながら実際週刊できっちし連載しちゃったもんね
完全に失敗です。
休載も満足にできないなんてブロガー失格ですね
今度からはちゃんと休もうと思います。


今持つべきものは目標です
3月は失敗しました
毎日あれ?あれ?と思っているうちに過ぎ去りましたからね
あの川の流れのように。
記憶に残ってることといえばスノボ
これは楽しかった
あとバスケとか
それに妹の口癖が「ムーミン」から
「アタックチャーンス!」
に変わったことはかなり印象に残ってますね。


そんなわけでこの機会に今年度の目標をたててみようと思います。
いやーブログらしいね
こういうの。
これで僕もやっと一般的なブロギストになるのかと思うと
天邪鬼な自分としてはすごくいやな気分になりました。



今年度の全体的姿勢: 勉強する

真面目に勉学に対する意欲は今そこそこある。
今の状況がかなり手持ち無沙汰なのも相まって
なにか材料が欲しい気持ちが高まっているのです。
学科の勉強も昨年遊んだから今年やらないとリアルにやばいことになるし
将来への道を区画するためにもずばり今年はそれを勉強する時期だと思う。
一年後の院試にも向けて基礎も一からやらないといけないから
それを思うとうつむき加減になりもするが
一二年の頃のものをすっかり忘れているのだから仕方が無い。
サーフィンも今年は勉強することがいっぱいあると思う
たくさんDVD観てたくさん雑誌読んでたくさん海に行かなければなるまい。


今年度のテーマ: 日本を知る

知らなきゃいけない、日本のことは。
だって日本人だもん
とりあえず行かなければいけないところは
四国 沖縄 富士山
あととっくん宅とヒロセ宅

できれば一ヶ月程九州~四国を旅行して回りたいのだが
沖縄居住計画も思案中なので
金銭的な面から見ていずれかになるだろう。
そしていつの日か計画倒れになった
あの幻のチャリ旅行も未だ僕の心内では推進中である。
ヤツもきっと胸の奥にその思いを秘めていることだろうと思う。

上記の他にも
白神山地に侵入するとか八丈島の原生林に潜伏するとか歯舞諸島で初日の出を迎えてみるとか
捨てがたい計画もあるのだが
それらは次年度にとりあえずまわすことにする。


月間目標: 住まいを決める・海開きをする

まず住むところが落ち着かなきゃ何事も始まりませんもんね。
そうです
今我が家は長年愛し愛され続けてきた八王子の地を出ようとしているのです
なぜかって
家がぼろくなったから
あと僕とか大学遠いですし
とはいっても八王子の家を捨てるわけではありません
工事の間だけっていうね
だって八王子大好きだもん
こんなに自然と街が近い都市なんてそうないってば
それでもNZから帰ってみるとだるま山が半分になっていたのにはびっくりした
何より唖然としたのが
緑地保護地域だったところが
保護撤回されて住宅地に売り出されていたこと
こんなことが許されるのかともう寂しい気持ちになってしまった

そんなわけで引越し先を探してるわけですが
憧れの海沿いに居を構えるのはどうやら却下されそうです
なぜかって
そこに湘南ブランドという厚いプライス・ウォールが阻んでいるから

それでも引越したら真っ先に湘南の海に飛び込もうと思います
人で溢れかえっているらしいけど
人気スポット・由比ガ浜には300人くらい海に浸かってるらしいけど


こんだけ未来への希望を書けば充分でしょう
見て この純粋無垢な青年の志しを
救ってあげて この未来を見据える青年を
今年度を応援する義援金、募集中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。