サーフィンと浮世絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごきみっあ~ん

愉快な仲間達in金沢
近江町市場で蟹を探しまっし


くしけに行ってまいりました

久々の愉快な仲間達での旅行でしたが
つくづく
気を使わなくていい仲間っていいなって思いました

気を使わなすぎたせいか
ひろせはまさかの当日ドタキャンしたけどね
前日にメールが返ってこなかった時点で薄々気づいてたけどね


しかしやっぱりこの輪はすごいと思いますね
勝手に人んち整理しだしてるし
白菜冷凍庫にいれちゃうし
スローセックス実践入門を熟読し始めるし
スペイン・盛岡・金沢間のよくわからないグローバルなスカイプ中に
半分寝てるし一人鍋焼きうどんすすってるし

しかも友達同士で泊まりに行ってるのに
急遽友達の彼女呼んで初対面でいきなし一緒に鍋を囲む
ってあんまないと思うな
まあ、あるかもしれないですけど
もう普通に溶け込んでましたもんね
ふっつうにすべらない話みんなで見てたし
田中~みたいな


今回の金沢旅は金沢のグルメっぷりに驚嘆させられるばかりでした

新名物・能登丼のひとつ 花ぐるまのブリ丼(丼ブリ)
ちゃんと「丼ブリ」って注文したのに店員に「ブリ丼ですね」って確認された


能登丼のバラエティの豊富さには脱帽します
海鮮丼・穴子丼・いくら丼・きのこ丼・ステーキ丼・・・
もはやなんでもいいみたいです



近江町市場内こてつの海鮮丼
「ブリって白身?」発言に親父失笑




能登島水族館のイルカ・シャインくん
実はずっと「社員」かと思ってた




海鮮続きかと思えば
パテシィエ・辻口博啓という人の美術館でおしゃれすいーつ
加賀屋には一回泊まってみたい




もちろん家でも鍋りました


近江町市場でゲットしたどでか白菜
白菜から何が産まれるのか注目が集まる




そしてズワイガニと大量の牡蠣をどーん
牡蠣を狙ってるようだけど、本当に狙われているのはお前だ


蟹の裏側をぱっくり割って最後に蟹ミソを取り出すのですが
そのことを「ふんどしを開ける」
と呼ぶらしい



さて
そんなグルメっぷりを満喫した中
ダントツのウマさを記憶したのはやっぱりこちら

七尾市 幸寿し 0767-53-1274

残念ながら旨すぎて写真を撮るのを忘れてしまったのですが
この寿司屋がやばかった

旨すぎて昇天する

本当にうまいものを食べると本当に幸せになると感じました
ほとんど醤油を使わないんですね
そして一個一個スローペースで出してくれるので
しっかり味わえるし
食べる度に「おいしい」って言っちゃうから
すげー会話が中断してしまう

甘エビのミソとか初めて食べました
トロとろけるし
白子、しらこーー
もはや僕の表現力では未熟すぎてその旨さを表せません

皆さま、金沢を訪れた際には是非
幸寿し 0767-53-1274
を。



今年のテーマは「日本を知る」
なわけでしたが、年の最後を素晴らしい旅で締めくくることができて本当に良かったと思います
JAPANESE BEAUTY HOKURIKU KANAZAWA
満喫しました。

それではみなさま
良いお年を。

スポンサーサイト

まえだまえだの二人はこれからも応援していきたい

M-1グランプリ2007の自分なりの順位をつけて自己満足しよう


1位 トータルテンボス
2位 サンドウィッチマン
3位 キングコング
4位 POISON GIRL BAND
5位 笑い飯
6位 千鳥
7位 ザブングル
8位 ダイアン
9位 ハリセンボン


なんでトータルテンボスが1位かってそれはオンバトで昔から好きだったから
いやートータルテンボスになってほしかった
あの中で一番練習したのはたぶんトータルテンボスだと思う
ただ
確かに
サンドウィッチマンは衝撃のおもしろさだった
コーラ、ピザにミックスしちゃうんだもんな
アンケートの血液型のところでもうファイナルが決まったもんな
いやーでも
「しのびねえな」流行んねえかな

とはいっても
ファイナルに進出した組はみんな最高におもろかったですよね
尊敬する
今回ので多くの人がキングコングを見直したに違いない
なんか、格好良かったもん
まあ格好良さでも
トータルテンボスは勝ってたと思うけど。

あくまでトータルテンボスを推します
もう結果でたけど。
「施工主の馬鹿!」流行んねえかな
あんま使用範囲広くなさそうだけど。


みなさんの順位はいかがでしょうか

え?ウソ??あー良かった、オレ息できてる・・・

話は先週にさかのぼりますが

ECO PRODUCTS展に行ってきました

ダンボール持ってる人、なんかオレに似てね?



エコプロダクツ展とは、まさにECOなPRODCUTSを展示・紹介する催し

これから環境うんちゃらとか言いながら世の中に出ることを目指す人間が
行かないでどうするんだ
という意気込みで行って参りました


しかしすごかったです
人混みが。
16万人も来場したらしいですからね
参加企業も500社以上とか
僕は世の中の皆様をなめていました
どうせ環境環境とか言ってホントに興味あるやつなんかほとんどいないんだろ
たまに砂漠化が進んだ町の子供とか見て他人事のように可哀相~とか言ってんだろ
と。

しかしあそこに来場した皆様は違ったようです
目が真剣だ
めちゃめちゃ質問飛び交ってるし
何より楽しんでます

楽しんでたっていうのがいいですよね
企業も楽しませるように見せてるし
アピールの気合の入れようから
環境とビジネスを繋げようと本気で思っているんだなというのが伝わってきました
Next PriusはPlug in仕様



上の写真はトヨタのプリウス
家庭用コンセントから充電できるようになるらしい
一回の充電で従来よりも13kmup
いっても13kmってめちゃめちゃすごい数字ですけどね


最近出たSONYの超薄型有機ELテレビ
このTVでお笑い見るのは遠慮しちゃうわー


実物見たいと思ってたけど
まさかエコプロダクツ展で見れるとは思いませんでした。
最薄部は厚さ約3mm
3mmって。
ちょっと爪伸びすぎちゃったぐらいじゃん
おまえ・・・どんだけだよ。おまえ、どんだけだよ。
しかし本当にすごいのは薄さなんかじゃありません
この写真の10倍は綺麗な画面
輝いていた
テレビが輝いていた
高画質すぎて写真ではその美しさがとらえきれませんでした

しかもこれを展示していたのはSONYのブースではなく
出光興産
出光がこの有機EL素材を開発したらしい
20年かけて。
ありえない画質を実現しつつ今のテレビよりもはるかに省エネ
おまえ・・・エコプロダクツか!



こんなのもありました
泡がちょっとかわいい


本来なら有害物質とかが入ってて捨てるほかない切れた電球達も
取り除くシステムができてからリサイクル可能らしいです
用途はペーパーウエィト


松下電器産業のブースを見てると
突然周りの空気が変わったんです
なになに?
なんか後ろの方で人が避けていく気配がする
と思って後ろ振り向いたら

いきなし福田康夫が現る
子供は首相よりもSPの方が気になるらしい



いやー実際びびりますって
ふと振り向いたらいきなし首相が現れた時ってびびりません?
うわあ
ってつい口にでちゃいましたもん


そして瞬時に人だかりが。
右の人絶対優越感に浸ってると思う



ちかっ

首相、なんかしゃべってるみたいだけど・・・
何にも聞こえない!この近さなのに何しゃべってるのか全く耳に届かない!
腹話術やらせたらいっこく堂顔負けだと思います
と思ったけど
腹話術って何しゃべってるかわからなきゃだめじゃん
首相、口は動いてたからな
あれ、全然だめだこれ

その後2分間の訪問を終えた福田首相は
また風のように去っていきました



やはり行って一番思ったのが
意外に世の中の環境への関心が本気だということですね
なんか、うれしくなりました
そして、日本の会社すげえ
来場した人は100%そう思ったと思う

日本の会社、すげえよ

I BELONG TO JESUS

ACミランが強すぎた
ACmilan


もう見てて美しすぎましたね
ボールがつながるつながる
完全にボカ・ジュニーアズをも圧倒してましたね
誰が見てもこいつはすげえと思わせるカカのプレー
常にゴールを予感させます
後半にはもはや誰もカカを止めれてなかった
それに加えてセードルフとインザーギがどーんといますからね
今考えると浦和はよく頑張ったのではないだろうか
特に4点目とってからのミランのノリは半端なかったですね
世界最高のノリってなに?
って聞かれたら
4点目を取ってからのACミラン
とこれからは答えたいと思います


一方敗れてしまったボカ・ジュニアーズ
ヨドバシカメラで買い物してる場合じゃなかった模様です
おととい横浜のヨドバシカメラ行ったら
ボカの選手達が買い物に来てました
パレルモがソニーのハンディカム手にとってはしゃいでた
買い物したあとめちゃめちゃ嬉しそうでしたもん
あと、でかい
とにかくでかい
パレルモとヘディング競り合ったら脳挫傷起こすに違いない

しかも皆あの青黄色のジャージで着てたから一目瞭然なのです
どこから噂を聞きつけたのか
サッカー部らしき高校生たちが群がってきました

「パレルモでけーでっけー」
「すげえすげえ」
「アイツ足やべえ。馬場か!」
「馬場超えだ馬場超え」
「でけえ、みんなでけえ」
「コーチもでけえ・・・腹が。」
「コーチ腹でけえ!メタボか!」
「メタボメタボ」
「ちげーよ、あれ腹にボールいれてんだって。どこでも練習」
「馬鹿か!ちげーよメタボだよ」
「ボールだボール」
「じゃああの腹はボールなのかメタボなのか聞いてみようぜ」
「お前いけよ」
「すいませんあのー、いやむりむりむり!」


いやーいくら言葉が通じてないだろうとはいえ
至近距離でその会話はないだろ
ていうかボカのスタッフに日系人ぽい人もいたし
あの会話は実際丸聞こえだったかもしれません


とにかくACミラン、優勝おめでとうございます
あと最後に
今年のGPファイナルは有り得ないレベルの高さだったこともお伝えしたいと思います

Banging your heart against some mad buggers Wall

もういい加減にしてほしいくらい
きもちわるいホームページの話


EVのときもそうでしたけど
製図の資料探してるとけっこう検索に引っかかる
鉄鋼の機械的性質とか調べる時
S45C 引張り強さ
炭素鋼 比重
とかで検索するとかなりの確率でこのホームページにあたってしまう

誰か知りません?
絶対一人ぐらい見たことあると思うんだけど


小堀設計㈲


一応有限会社らしいです
これ・・・個人ならまだしも
ひとつの会社のホームページとしてどうなの?
なんかクリックした途端お気に入りに登録させようとするし
こんな会社、ひくわ
シューカツしてて会社のホームページこれです
って言われたら、ひくわ

ただデータはしっかりしてるみたいです
かなり専門的なことまで網羅してる様子ですけど
如何せんきもちわるい
絶対こんなサイトのデータなんか参考にしたくない
なんていうか
生理的に無理
きらいじゃないけど
生理的に無理!
っていうネタをやる芸人いなかった?


とにかくきもちわるいです
だけどとにかく検索にひっかかる
皆さんもきもちわるいサイトには注意しましょう

とうがらしMENのCMをまた見たい

今日のシュールな出来事:
母さんのケータイは
おじいさんからの着信音が
緊急地震速報のあれにそっくり


理系に必須のアイテムといったらなんでしょう
それはもちろん
関数電卓
便利すぎるこのアイテムがないと何もできません
大学に行く時はもちろん
たとえ渋谷に行く時でも常に鞄に入っています
はいはい
きもいきもい

そんな風に肌身離さず持ち歩いていれば
自然と愛着も沸いてくるものです
あと3年後には名前とかつけちゃってそうです
はいはい
きもいきもい
しかしその悲劇はよもやの中間試験の最中に起こりました


ようし、ここいらで今日も出番がやってきたぜ
頼むぜキャシー(CASIO製)

・・・あれ?
うわーー
うっそおい

つかねえええ

映らない
液晶に何にも映りません

どうすんだこれー
指数関数入ってる時点で関数電卓なしでは
もう死を意味している

こうなったらおばあちゃんの魔法しかない
叩く叩くいろんな角度から叩いてみる

そしたらなんと復活しました
すげーおばあちゃんの魔法すげー

と思ったのもつかの間
あれ・・・なんか
すぐに文字がフェードアウトしてしまう
余韻を残しながらほわんほわんほわん・・・て消えていっちゃう

頑張れ頑張れ!とさらに魔法をかけてみるも
それ以上直る気配はありません

文字が浮かびあがってから完全に消えてしまうまで
その間、約3秒
こうなったら完全に消えてしまう前に計算を終えるしか方法はありません
そうこうしているうちに試験時間も刻々と過ぎてしまうし
よし、やるしかない
以下の式を3秒以内に打ち込む!


1.59*10^-3*(1/1.4)^1.4*2*1.4^(2/3)*(273+ln(5/7))=

無理だーー
むーーりーーー


はいはい
きもいきもい


そんなわけで今日まで修理に出していました
昨日まではいつも何か満ち足りてない気持ちだった
あいつがいないとモチベーションがあがらない
やらなきゃいけないのはわかっているけど
それを言い訳にして生きてきた

そして今日またやつが戻ってきてくれた
保証期間とか完全に過ぎてたのに
まさかの無償交換として。
無償交換だから実際あいつはもう戻ってこない
一緒に乗り越えた数々の修羅場
もう一度会えると信じていたけど
まあ、新しいほうがいいや
今度名前、なんにしようかなー

今日のブログは
本当にきもいですね

妹の寝言 「ああ、目覚ましが私を呼んでいる~」

親父の話


昨日また僕の歯ブラシ使われました
アルツハイマー入ってんじゃないかと疑いたいくらいです

うちの親父は世間的には普通のお父さんだと思います
眼鏡かけてるし
はげてるし
僕の高校のジャージ着てるし
これはやめて欲しいんですけどね
こっちも悲しくなるから

ただ
どう考えても生活感覚がおかしい
なんていうんでしょうか
例えば
なんでデザートの皿に煮物盛り付けるかな?
っていう。
あと家族がそれぞれどの箸使ってんのかぐらい覚えとけ
っていうのも言いたいですね

毎晩酒もかなりくらいます
なんか焼酎のお湯割りとかを。
焼酎のお湯割り
ガラスのコップで飲んだら熱くて割れちゃうじゃん
見た感じそれ耐熱じゃないなっていうのわかるでしょ
わかんないかな
まあ百歩譲ってコップは何でもいいですよ
だけどそのコップの下にいっつもティッシュを敷くのは何?
コースターのつもり?
家にはちゃんとコースターという物もあるんですが
ていうか
焼酎のお湯割りから水滴とか滴り落ちないから


だんだん腹が立ってきました

そのコップの下に敷くティッシュもねぇ
お湯割りでなく冷水を入れたとき
いざコースターの役割を果たされたら果たされたで気持ち悪いんです
水滴で濡れたティッシュがコップにへばりつくから
もう次の誕生日コースターあげてやろか


酔っ払ったら酔っ払ったでめっちゃ絡んできますからね
普段全く話さないのに。
この前も

「とんちゃん腹へったでしょ。だーすけわしが何か作ろうば」

とか言って電子レンジで何かやり始めました
大体とんちゃんて。

はっ

今気づいたけどもしかして「と」ちゃんて呼んでたのか?
僕のハンドルネームを取って?
え?うそ?これ見てる?
確かに僕のラップトップいじってたことはあるかも・・・
いや そんなことはない
そんなことはない はず
と信じてとりあえず続けます


電子レンジがチーン鳴って
要らないって言ってるのに
「はい、オープンサンド。」
って目の前に皿、ドンと置かれましたよ


なんで

なんで食パンの上にさつま揚げがのっかってるんだ


おかしいだろ
え、おかしくない?
大体食パンを電子レンジにかける時点でもうおかしいだろ
ねちょねちょになるだろ
ねちょねちょになった食パンの上にさつま揚げのっけたらどうなる
ぐちょぐちょになるだろ
なんかさつま揚げから出た汁が食パンに浸みてるし
もうせめて切れよ
二分割にしてやってくれよ
それかせめて挟めよ
サンドウィッチにすらなってねーだろその料理
料理・・・?

わからない
通常の生活を送っていて
どこから「食パン×さつま揚げ」の発想が出てくるのかわからない


まだまだネタはいっぱいありますけどね
正直ね
こんなこと言っちゃなんですけど
僕にもその遺伝子が受け継がれているのかと思うとぞっとしますね
でもそれおかしいだろ、と思うことができてるので
一応だいじょうぶだとは思うんですが
正直怖いです

ちゃらい奴、鞄大きい

見ちまったー星野ジャパン
hoshinoJapan


日本VS台湾


終わってみれば10-2の圧勝でしたが
非常に緊迫した
素晴らしいゲームでしたね
国の威信をかけた野球
めっちゃくちゃおもろいですよ


6回裏台湾の攻撃
四球でランナー一塁
バッターは4番、台湾初のメジャーリーガー陳金峰
陳金峰
ちんきんぽう
まあ名前はどうでもいいです
地元開催の台湾スタジアム
フーリガンのような観客の応援で異様な熱気に包まれる
しかし
日本は我らがエース、ダルビッシュ有です
そう簡単に打たれるわけはない
しかし会場の盛り上がりは完全にアウェー
カウント1-3
カウント悪くなっちゃった
あーっ

打たれたーー

2ラン浴びちゃったー
ダルビッシュが打たれると非常にがっくしきてしまいます


しかしその次の回の日本の攻撃
7回表
デッドボールから1、2塁とし
里崎の送りバントで宮本が素晴らしい走塁を見せる
ここで古田元監督の解説が光る
「今のは素晴らしい走塁でしたね。
 見てください。自分の3塁セーフが危なかったんですが
 最悪ゲッツーを防ぐために三塁手の足をかけにいってますからね。
 これは全然ありですよ。
 しかしこのウルトラスーパースローのカメラワークいいな~」

宮本の魂のこもった走塁でノーアウト満塁
迎えたバッターはサブロー
スコアは日本1-2台湾
何がなんでも1点が欲しい場面
どうする
どう打つ
サブローなら絶対にヒットを打ってくれるはずだー

うわあ、すげえ
ノーアウト満塁で、まさかのスクイズか!
1点返って見事同点
ここで古田元監督の解説が光る
「いやー痺れますねぇ!
 あの場面でのスクイズってのは、一番緊張するんですよ。
 する方もそうだけどサイン出すほうもそうなんです。
 相手ピッチャー全くわからない状態で、懸けるってのはねぇ。
 選手を信用していないとあのサインはできないですね。星野監督、さすがです」

そして1番2番と続きその回打者12人の猛攻で一挙6点
9回にも4番新井がダメ押しの2ランを放ち
最後は上原でフィニッシュ
ここで古田元監督の解説が光る
「いやーこの異様な雰囲気の中、素晴らしいゲームでしたねぇ。
 最後の上原も、このゲームを締めるのにふさわしい投手でしたし
 何より完璧な形に試合を持っていった星野監督の采配、やっぱりすごいですね。
 ダルビッシュもねえ、2ラン浴びたけど、打たれたヒット何本よ?
 気合のこもった素晴らしいピッチングでしたっ。素晴らしい」


・・・古田敦也元監督
その通りです!


そんなわけで
明日は中間
しあさっても中間
ししあさっても中間

カルロス・ゴーン、軽く押すとボーン

リアル 7リアル 7
(2007/11/29)
井上 雄彦

商品詳細を見る


リアル7

1年間待ち続けました。

車イスバスケを舞台にしたヒューマン漫画
リアル

それはもはや漫画の域を超えている
障害者という敬遠されがちなテーマなのに
井上雄彦だからできるその敷居の狭さ
そしてそこにはありがちな上っ面の言葉はなく
まさにリアルが描かれている


絶賛します


心に響く言葉がある
こめられた思いがある
胸が猛烈に痛くなる
泣かせる気かこの野郎


感動するってなんでしょうか


バスケ部エースだった高橋
ヤツの気持ちがあまりにわかりすぎる
歩けなくなったことを受け入れられない狭い心
過信と人を蔑んだ目つき
厭世的すぎる考えと母親への態度
その喪失感が伝わりすぎて怖い
そして過労で倒れてしまった母親のあの気持ち
やばい 胸が痛すぎる

車イスバスケ界の新鋭戸川清春
4巻のキャッチコピーが
「戸川清春、切なすぎるラプソディー」
内容とピッタシで賞だよ
まさに4巻はそのまんまの、切なすぎるラプソディーだった
切なすぎて3回泣いたわ
「ひとりじゃねーぞ」
って
あーもう無理だ グッときた今。


リアルは毎巻ごとにテーマを持っています
7巻のテーマは「仲間」
また泣いちゃいそうなテーマ出てきたよ
感動するってなんだろう
実はまだ読んでないっていうオチです
今ちょっと読み始めました
あれ?
なんか新しいヤツ出てきた

・・・うわー
あっ、うわー
ちょっと集中して読みたいんで、今回は以上です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。