サーフィンと浮世絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドナルドのメニューには「ドラえもん」があります

引っ越します
特にファンではありません
生まれ育った八王子から,どうやら何にもないらしい柏へ。


2,3日前に家の車使ってちょっと引っ越したんですが
アパート周辺の路地が入り組みすぎてて
なかなか新居に到着できない

塀の向こうにそのアパートが見えるのに
そこまで行けない

左折しては行き止まり
右折しては行き止まり
Uターンしては行き止まり

いや Uターンして行き止まりは言い過ぎた

なんなんだよー
とちょっとイライラして
Uターンしようとして
バックしたら



ガツン!!



あーあ


やっちまった・・・
かっこわりぃー


テールランプ破壊


初めて車ぶつけちゃいました
なんかよくわからない飛び出た塀に。
塀は無事だったんですけどね
まぁ
ほんとおばあちゃんとかじゃなくて良かったです


でも凹みました
僕の心が。
ニュージーランドで高速走行中にいきなり飛び出してきたカルガモの親子を
親だけ轢いてしまった時以来の
凹みっぷりです

あの時残された子供達は元気に育ってくれているだろうか・・・


みなさん
車の運転には気をつけましょうね
明日は初めてトラックを運転します
だいじょうぶかなあ

スポンサーサイト

MVPは青木か岩隈にあげて欲しかった

イチローは神
WBC日本優勝おめでとう!!


すばらしい試合だった

岩隈もほんとうにすばらしいピッチングをしてくれた

小笠原の気持ちでつなげた先制点

その後韓国に一発を浴びるも

内川のスーパーファインプレイがチームを救う

つなげる野球で

中島の絵に描いたようなタイムリーで勝ち越し

チームを考えた岩村のバッティングで三点目

抑えでダルビッシュが9回投げるも

韓国の脅威の粘りで延長戦

そして

イチローが神


しかし

韓国まじつえええ

普通2アウトのあの場面でダルビッシュからタイムリーは打てないでしょ

攻撃でもあと一歩のところで打ち取られるし

最強の敵だった

そして同じく同点直後の嫌な流れから2アウト2-2のあの場面では

普通打てないでしょ!

だが彼はやはりイチローだった

決勝はスタメンから外した方がいいとか言って
ごめんなさい
ほんとうにすいませんでした
僕が個人的に代わりに出した方がいいと思っていた
ムネリンだったら完全にショートフライでした
ていうかショートフライでした


もうどうでもいいですね,そんなことは。

日本 優勝おめでとう!!

リンゴゴリララッパ・・・ぱなきです!

電車内にいる変な人アワード2008◇横浜線部門◇
乗り心地はいまいちな路線です

電車内ってほんと宝庫ですよね
変な人の。

電車通学をしていると,
月一くらいで電車内にいる突出した変な人と出会います
長らく電車通学をしていた僕ですが
4月からはそんな生活に別れを告げることになりそうです
それにあたって
僕が出会った今年度のMOP(Most Oddest Person)横浜線部門を
勝手に決定しようかなーと思います


第3位 独り言を言わせたら右に出るものはいない男

これはつい先日出会ったばかりでのノミネート

僕が一番端の席に座っていた時
隣でドアの横に立っていた男が
なにやら小言でぶつぶつと言っていたんです
電話をしているでもなく
見た目は普通よりも少しおしゃれな20代の男性
なんだろうと思って
耳をそばだててみると・・・


「いやーそれはちょっとダメなんじゃない?
アゴ割れてるけどさー
割れるにしてももうちょっと
なんか欲しいよねー
あれじゃアゴさんじゃなくてアナゴさんだよ
うふっ うんうん
アゴさんアナゴさん」



・・・・・・
彼は何を言っているのでしょうか?


アゴさん・・・?
アナゴさん・・・?

電車内独り言部門ではおそらく彼が一番です



第2位 革靴と名刺で自己紹介男

酔いつぶれた風に眠り込んでいたその男は
相原駅に着いたとたん

スッ と起きて
おもむろに左足の革靴を脱いだかと思いきや

座席に挟まれた通路のど真ん中に
ソッ とその脱いだ靴を置き

胸ポケットから
サッ と名刺を取り出して
靴の中に名刺を入れて
そのまま降りて行きました


呆気に取られましたね
ああいう時アクションを起こせる人などいるのでしょうか?
呆然とするしかないです

目に浮かべてみてください
車内の通路ど真ん中に取り残された
名刺入りの革靴(左)を。


ちなみに名刺によると
彼は居酒屋チェーン「花の舞」の店長らしいです



第1位 独りよがりの親切には誰も振り向かないぜ男

やわらかな日差しが差し込んでいた昼下がりの車内
僕は本を読みながら大学に向かっていたのですが
ふと真向かいにうつむき加減で座っていた男の頭に
何かメモ用紙のようなものが貼り付けられているのに気づきました
しかも紙には何か書いてある様子

なんだろう
と思い,身を乗り出して内容を読んでみると


「座りたい方
町田に着いたら起こしてください
その先は座れます」


このやろう・・・
自分と他者との利益を共有しようとしているのかもしれないけど
それはいささか独りよがりだぜ


電車は古淵を出発,次の駅は町田です
男の周りの乗客は皆メモの存在に気づいています
町田にまもなく到着
いったいどうなるんだろう

果たして彼を起こしてあげる人は現れるのか?
それとも・・・?

みんな固唾を飲んで男の動向を見守ります

おまえなんか,寝過ごしちまえ!

という一つの思いを胸に秘めながら・・・。


町田に着いた
男は眠ったまま
発車のベルが鳴る
いいぞ・・・とあの場にいたみんながそう思ったはず
と,そのとき

「あの・・・町田ですよ?」
男の隣に座っていた女子大生が
言おうか言うまいか迷っていたそぶりを見せつつ
なんと男に教えてあげた!

男,がばっと起きた!
急いで閉まるドアへと向かう

ドア閉まったーー
男,間に合わず。


その後,その男は
教えてくれた女子大生の方を向いたと思ったら
あろうことかキッと睨み付け
そのまま別の車両へと移っていってしまいました

これは許せない
自己中心的なお前の行動が
何の罪もない彼女に無駄な心の迷いを持たせてしまっただけでなく
感じる必要のない後悔と自責の念まで与えてしまったというのに
睨み付けるとはどういう了見なのか


そんなヤツに今年度のMOPの称号を叩きつけてやろうと思います
次見つけたら町田の文字を大口に変えてやるからな!

あなたに足りないのは,や・さ・し・さ

スクーバ・ダイビングの世界


沖縄にダイビングをしに行ってきた
サメに喰われていく人達


すーぱー楽しかったです


サーフィンで海面を知った後は
やっぱ自分史上未踏の海中の世界に踏み込まないと。

そんなわけで
兼ねてからやりたいやりたいと思っていた
ダイビングの世界に
ライセンス取得コースで飛び込むことができ
喜びもひとしおです


タンクをしょって
BCDつけて
レギュレータくわえて
ダイビーング!


そこには
想像はできていたけど
実際に目にすると
あー
本当にこんな世界があるんだと
思わず見入ってしまう熱帯魚の群れ

すごい



今回は水中写真を撮ってないので
代わりにイメージ画像を。
注)これはイメージです

実際目にした光景は
これでなくとも遠からず


カクレクマノミの頭隠して尻隠さずっぷりに
ばれてるぞ♪とつついたり
ニモですね


カレイの地味なイメージを覆す
モンダルマガレイのファンタスティックさに
おおーと泡をあげたり
華麗だったとかは絶対に言わないですよ


ジャノメナマコを
首飾りにしたり
怒ると白いミミズを出すらしい


浮遊しているだけでも楽しいのに
他にもおっしゃれーな魚がめちゃめちゃいたり
おまえは何なの?みたいなヤツもサンゴ礁の中に潜んでたりして

そんなん普通に楽しいでしょ


よくね
マンタを見に行こう!みたいな
ツアーとかCMとかがあると思います

今まではああいうのを見て
まあ確かにそんなでっかいエイはこの目で見てみたいよなー
ぐらいは思ってましたけど

なんていうんですかね
ダイビングをしてみて
もう「マンタを見る」っていうのはそういうことじゃないことがわかりました


あのダイビング中に
自分もそこにいる海中という同じ状況の中で
もしマンタとかいうオニイトマキエイが出現したら


ま じ で ビビるだろう


うわああーー

どころじゃない程の感動が容易に予想できる

そりゃー確かにマンタは見てみたい,と思いました


ましてやクジラなんかが通り過ぎた時には
もう

絶句

しかないですね
それは間違いないです


ただ
今回の沖縄旅行で唯一残念だったのは

雨だった

という,まあ,残念なことです

次回は
夏に熱帯地方に行こうと思います
そしてコバンザメのついたウミガメを見る
あと
もっさ~ひらひらひら
ってなってるコブシメ

”栂池”が読める人はボーダーかスキーヤーか長野県民だと思う

スノーボードの世界

タイマーでやると案外小さくなること,あると思います


ニュージーランドで一週間くらいワナカに泊まってボードしたのを機に
よりスノボのおもしろさを発見して毎冬行くことにしています

そして先日いのっちに板をもらって
マイボードと化しました
ほんとにいのっちありがとう

今度なんかおごります


ワナカではボーダー達の生活を知って
ああ こんな世界もあるんだって
新たな発見を感じたのを覚えています

朝早く起きて
朝ご飯作って食べて
ボードしに山へ
一日中ボードしたあと
帰りにニューワールドで買い物して
夕ご飯作って食べて
夜は飲んだりDVD観たりして
12時前にはもう寝ちゃう
翌朝
起きて朝ご飯食べて
またスノボー

遊んでばっかじゃねえか
って話ですけど
シーズンオフにたっぷり稼いで
シーズンになったらまた籠もりに来るんですね
たぶん


いいなあーーー

楽しいに決まってるじゃねえか,そんなもん

でも僕の場合
そういう生活をしようとしても
どこか心の中で
十分に楽しめていないところが出てしまう気がする

心の中の足枷みたいなものがたぶんそう言ってくると思うんです

いらねえよ、そんなもん
いつも捨ててしまいたいと思ってるけど
どう捨てればいいかわからない
誰か捨て方を教えてくれー


もう何を言ってるかわからなくなってきたので
WBCを観よう
さっき村田が惜しかった

ガンバレ NIPPON!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。