サーフィンと浮世絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊響まじ強い

今年は夏場所見に行けなそうだー
彼らに「かごめ,かごめ」やられたら確実に泣く


しかし今場所は白鵬が万全すぎる

明らかに彼は進化している

落ち着いた態度,顔つきには箔がついてきて
まさに横綱の境地に到達している

さらに
得意の右四つに加え
昨日,今日と足技が巧みすぎる
足をかけにいくのではなく,自分が足を出したところに
相手を引っ張ってくるという
あれをやるのは見かけ以上に難しいだろう
もうどんどん連勝記録を伸ばしてほしい



一方朝青龍

技量力量は完全にずば抜けている
特に
下手からの巻き返しはもはや芸術だと思う

しかし
いまだ進化し続ける白鵬に対しては
この先どんどん力の差が出てしまうかもしれない
今場所も他の力士に対しても危うい場面が何度かあった

ただ

彼は気持ちが違う
集中力が違う
諦めない心が強すぎる
彼ほど強い気持ちで土俵に上がっている力士は他にいない

だから
見ていて興奮するし感動もする
これからも応援しつづけるぜ



今日のタイトルはと的将来の横綱候補
「豊響」

今日は負けちまったみたいだけど
昨日の高見盛との一番を見て思った
こいつ,なんか違う
と.
前頭でうろうろしてるみたいだけど
小結には絶対なれる


「前頭から将来の横綱を当てる」

っていうゲームをすごくやりたいんだけど
周りにできる奴がいないという,ね.
お前らそれでも日本人か!

スポンサーサイト

しかし人見知りキャラで社交的っていいなあ

24になった
本気で漕ぐと原チャ並みにスピードの出る江戸川サイクリングロード


噂によると厄年らしい

そんなこともあってかどうかは知らないが

とりあえず今日は朝から鼻血が止まらなかった


ものすごい不快感と共に目が覚めたら
手とトレーナーが真っ赤に染まっていて
もう不吉ったらありゃしねえ

あまりに止まらないから

朝6時ぐらいに教えて!gooで
「鼻血が止まらない」
を検索

すると
どうやら17歳の高校生が同じ悩みを持っているらしい
「119番しろ」
というアンサーに良回答20pt与えてるところからみると
彼は救急車を呼んだようだ

え??そんなに一大事?


いやいや、ちょっと待て落ち着け
もう少し調査を進めてみよう
すると
「足の裏をグーで数回殴る」
という意味不明なアドバイスを発見
とりあえずやってみる

痛い

止まらない

鼻血は止まるどころか
朝っぱらから暴力行為に走ったため
血行が良くなり勢いが増してしまった

失敗である


次に
「首を冷やしひとまず安静に」
というアドバイス
冷凍庫にあったアイスノンを首に乗っけてみる

冷たい

そして寒くなってきた

冷たすぎたのが仇となり
今度はくしゃみを併発するようになってしまった

鼻にティシューを詰めた状態でくしゃみをすると
必然的にとても苦しく不快感は2倍に

またもや失敗である


その後も血液疾患の疑いがあるとか
白血病の血小板減少かもしれないとか
ネットの情報らしい他人事感満載の疑念にかられつつも
どうしようもないから
ティシューをこれでもかと詰めて
枕を高くして布団にもぐる

寝た

起きた


良かった・・・止まってる


要はおとなしく二度寝しとけば良かったっていうオチでした
疾患ネタが続いてしまったのが気持ち悪い
しかしまあ
血まみれの誕生日を経験できたとポジティブに考えれば
いいかな


ポジティブっていったい何?

アニーの「トゥモロー」ってめっちゃいい曲ですね

今年はほんとうに彼にめぐりあえてよかった


ぼくの救世主です

おかげで近年稀に見る心地良い春を過ごせています


彼の名はフルナーゼ

本名は
フルチカゾン プロピオン酸エステル

アレルギー性鼻炎に有効な点鼻薬
つまり花粉症のお薬です


今年で花粉症歴14年の僕は
今まで様々な抗ヒスタミン薬を使用してきました

アレジオン アレグラ アレロック タリオン

効いては効かなくなったり
効かなくなっては別のに替えたり
これらは主に第二世代の抗ヒスタミン剤らしいですが
眠気を伴うわりにはどれもそんなには症状はやわらぐことはありませんでした

マスク+鼻栓でしっかりガードすれば
まあ鼻水がマスクの下から垂れてくることはないかなぐらい


もう
僕の中のイメージでは
春=花粉症
なわけですよ
むしろ
春=f(花粉症)
  =(外出すると鼻水)×500[ml]+(集中力-(薬の副作用))+(ストレス)^(鼻をかむ作業)
なんです

一年で一番嫌いな季節は当然のごとく春でした


それがですよ

今年のシーズン開幕時
行きつけの医者からこの薬の処方解禁を受けたんです

噴霧式タイプは
せっかく噴霧しても止め処もなく流れ出る鼻水と共に
ティシューの中に納まってしまって悲しかったので
今までなんとなく敬遠がちでした


だが
こいつはすげえ


使い始めて2日目から
鼻水がピタッ


もう鼻の粘膜にビンビンに効いてくる

まあー「衝撃。」の一言

それまでの鼻水が500→0ですよ?

僕の個人的な見解ですが
花粉症のアレルギー性鼻炎用のお薬としては
今までで間違いなく最強です
鬼です

さすがステロイド
格が違う

ステロイドということは副腎皮質ホルモンだから
糖質コルチコイドとして俄然効いてるんでしょうか?
どんどんグルコース作ってるってこと?
なんかちょっと違う気がするけど
生物選択じゃなかったからこれ以上よくわからん
とりあえずよくいわれる副作用はあんまし無いらしいです
でも依存しすぎるとあれだから
2回/1日のところを
1回/1日に減らして使ったり
それでも十分効いてますから減らす分にはかまわないだろうと
鼻と皮膚とじゃ話は違うかもしれませんが
よくアトピー患者向けのサイトとかで
ステロイドは絶対ダメ!
みたいなこと言ってる人がいますけど
それはやっぱり何か違うと思いますね
上手に使えばこれほど良く効く薬はないですから。
僕もステロイド使ってましたけど
プロトピックと併用して期間空けながら使って
今ではほとんど症状でないくらい治っているという。
とりあえず
医者の言うことは聞いたほうがいいですね。

このように
花粉症の話がいつのまにかアトピー体験談みたいになってること
あると思います



まあつまり何が言いたいかというと,

「鼻水のない春ってなんて素晴らしいんだろう」


コブクロ辺りにそういう曲を歌ってほしい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。