サーフィンと浮世絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニーの「トゥモロー」ってめっちゃいい曲ですね

今年はほんとうに彼にめぐりあえてよかった


ぼくの救世主です

おかげで近年稀に見る心地良い春を過ごせています


彼の名はフルナーゼ

本名は
フルチカゾン プロピオン酸エステル

アレルギー性鼻炎に有効な点鼻薬
つまり花粉症のお薬です


今年で花粉症歴14年の僕は
今まで様々な抗ヒスタミン薬を使用してきました

アレジオン アレグラ アレロック タリオン

効いては効かなくなったり
効かなくなっては別のに替えたり
これらは主に第二世代の抗ヒスタミン剤らしいですが
眠気を伴うわりにはどれもそんなには症状はやわらぐことはありませんでした

マスク+鼻栓でしっかりガードすれば
まあ鼻水がマスクの下から垂れてくることはないかなぐらい


もう
僕の中のイメージでは
春=花粉症
なわけですよ
むしろ
春=f(花粉症)
  =(外出すると鼻水)×500[ml]+(集中力-(薬の副作用))+(ストレス)^(鼻をかむ作業)
なんです

一年で一番嫌いな季節は当然のごとく春でした


それがですよ

今年のシーズン開幕時
行きつけの医者からこの薬の処方解禁を受けたんです

噴霧式タイプは
せっかく噴霧しても止め処もなく流れ出る鼻水と共に
ティシューの中に納まってしまって悲しかったので
今までなんとなく敬遠がちでした


だが
こいつはすげえ


使い始めて2日目から
鼻水がピタッ


もう鼻の粘膜にビンビンに効いてくる

まあー「衝撃。」の一言

それまでの鼻水が500→0ですよ?

僕の個人的な見解ですが
花粉症のアレルギー性鼻炎用のお薬としては
今までで間違いなく最強です
鬼です

さすがステロイド
格が違う

ステロイドということは副腎皮質ホルモンだから
糖質コルチコイドとして俄然効いてるんでしょうか?
どんどんグルコース作ってるってこと?
なんかちょっと違う気がするけど
生物選択じゃなかったからこれ以上よくわからん
とりあえずよくいわれる副作用はあんまし無いらしいです
でも依存しすぎるとあれだから
2回/1日のところを
1回/1日に減らして使ったり
それでも十分効いてますから減らす分にはかまわないだろうと
鼻と皮膚とじゃ話は違うかもしれませんが
よくアトピー患者向けのサイトとかで
ステロイドは絶対ダメ!
みたいなこと言ってる人がいますけど
それはやっぱり何か違うと思いますね
上手に使えばこれほど良く効く薬はないですから。
僕もステロイド使ってましたけど
プロトピックと併用して期間空けながら使って
今ではほとんど症状でないくらい治っているという。
とりあえず
医者の言うことは聞いたほうがいいですね。

このように
花粉症の話がいつのまにかアトピー体験談みたいになってること
あると思います



まあつまり何が言いたいかというと,

「鼻水のない春ってなんて素晴らしいんだろう」


コブクロ辺りにそういう曲を歌ってほしい

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。