サーフィンと浮世絵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神一到を貫き、EVに精進します

sumo

かたぎりと大相撲を観にいってみた。

先週の話ですが僕の今年のテーマ
「日本を知る」
に沿っているものなので載っけてみようかと。

まさに行ったのは14日目白鵬優勝が懸かった日でして
確かに白鵬vs千代大海はすごかったですね。
優勝の懸かった白鵬
前日朝青龍を破り勢いにのる千代大海
両者の緊張が伝わり集中力も他の力士と段違いに高まっているのもわかる
自然と観客の目を惹きつける何かが土俵上にはあり
まさにあの瞬間観客の心は千代大海のまわしの行方ひとつに集っていた

白鵬 おめでとう

もう取組が終わった後送られた拍手のあたたかさといったら。
本当にその全ての拍手のなかに「よくやった、良かったねぇ」
という気持ちがこめられていて
その心意気を感じた

しかし国技館には外国人の方も大勢いらっしゃっていました
確かにそれはよくわかります
日本の国技「相撲」
立派な観光目玉の一つです
しかし観光というよりも実際のファンの方が多いような気がします
力士の応援に熱がこもっていましたから

カーイオー
カーイオー
って
完全に山びこを楽しむ小学生だからそれ
その合間相手にもエールを送ろうと思ったのか
たまに
コトミツキー入れてみたり
なんかロシアの作曲家みたいになっちゃった琴光喜関ですけど
今場所はなかなか良好の成績で終わったようでなによりです

観るだけじゃない
他にも怪童と巨人力士展も開かれていました国技館。
そこには歴代横綱の軌跡もかがげられており
よぉしここに来た記念に歴代の横綱の名前を覚えようと二人で意気込んでみましたが
今となっては一人も覚えていやしねぇ

あっ今一人思い浮かんできた
稲妻雷…らい…雷ノ助?
確かそんな冗談のような輩が一人ぐらいいたような気がします
悔しいので調べてみたところ
ヤツの名は第七代稲妻雷五郎
その他初代明石志賀之助、第二代綾川五郎次、第三代丸山権太左衛門…と続きます
そんななかでも輝いていたのはやはり千代の富士
くっそイケメンで
その上めちゃめちゃ強いですからね
最後に千代の富士vs寺尾のイケメン対決シーン載っけたんでご覧あれ
黒まわしが千代の富士ね


あ ウソつきました
なんかコピーライト気になったんで
やっぱリンクで。
今はやりのYouTubeだよ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明石志賀之助明石志賀之助(あかし しがのすけ)は、力士で初代横綱。活躍期間は寛永年間(1624年 - 1644年)とされる。宇都宮市|宇都宮の出身で、身長は七尺五寸(約2.3m)あったと言われる。京に上って仁王仁太夫を倒し、朝廷から「日下開山」の称号を受けたとされ、これ
[続きを読む]

大相撲情報局 | 2007-08-01 (Wed) 09:04


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。